医療

うつの種類を参考にしちゃおう【た体への負担が少ない薬】

様々な症状があります

カウンセリング

うつ病にはいくつかの種類があります。症状に応じた適切な治療をする事で短期間で回復させる事が期待できます。うつ病治療に使用される抗うつ剤は比較的副作用が少ないので、安心して治療を受け続ける事ができます。

病院に行く前に知りたい事

女の人

うつ病にも大きく分けて二種類あります。『大うつ性』と『そう極性』ですが、前者は悲しみや不安が一方的に強くなるのが特徴的です。後者は怒りや悲しみが反復して症状が表れます。それら二つの病は抗うつ剤を飲んで治しましょう。

うつには2タイプある

ナース

通院しやすい病院を選ぶ

うつ病には従来型うつ(定型うつ)と新型うつ(非定型うつ)の2種類があります。従来型うつの特徴は、抑うつの症状が特に強く出るという点です。気分が暗く沈みがちになる、意欲が沸かないなどの多くの型がイメージするであろううつ病のイメージそのもののような症状が出るほか、不眠症を発症する患者が多いことも特徴の一つです。従来型うつを発症する方の多くが責任を担う重要な立場にある中高年の男性です。一方新型うつの場合には、一見するとうつ病とは思えないような症状が現れます。抑うつの症状が出ることは同じですが、仕事や学校などあまり好ましくない事態に対してのみ体調が悪化し、休日には嘘のように回復してしまいます。食欲が増し、過食気味になることが多い他、不眠症よりも過眠症を発症する方が多いことが特徴です。10代以上の若年層に多くみられる種類のうつ病であるため、単なるわがままであると取られがちであり、治療が遅れてしまうケースが多々見られます。うつの重症化を防ぐためには、自分の心に変化が感じられた時あるいは家族や友人の言動に違和感を覚えたらすぐに専門医に診せることが大切です。うつ病の治療には長い時間がかかりますし、定期的に通って薬の服用を続けなければあまり意味がありません。そのため、病院を選ぶポイントの一つは通いやすい場所にある病院を選ぶということです。同様の理由から予約が取り辛い病院もあまりお勧めできません。また話をしやすい医師が在籍していることや、病院の雰囲気なども重要になるでしょう。従来型うつ・新型うつどちらのうつ病の場合にも治療には抗うつ剤が用いられます。精神科や心療内科で処方される薬に対してあまり良いイメージをお持ちでない方も多いでしょうが、最近は抗うつ剤は種類が多く、副作用が少ないものがほとんどです。用法や用量を守って服用していれば心配はありません。昔からの薬も存在し、患者の症状によっては採用されることもありますが、多くの場合が新しく開発された体への負担が少ない薬が採用されます。抗うつ剤は、長く服用することでその効果を発揮します。効果が現れるまでに数週間かかることもあります。そのため薬が効いていないと感じ、勝手に服用する量を増やしてしまう患者もいらっしゃいますが、それは副作用の危険性があるためやめたほうが良いでしょう。その逆に薬の効果が現れるとこちらも勝手に薬の量を減らしたり、服用をやめてしまったりする方も少なからずいらっしゃいます。医師の指示とは関係なく抗うつ剤の量を減らしたり服用をやめてしまったりすると、離脱症状という重い症状が出てしまいます。動悸や立っていることも難しいほどのめまいに襲われることがあるほか、今まで抑えられていたうつ病の諸症状に再び悩まされることになってしまいます。離脱症状は血液中から薬の成分が失われることによって引き起こされるため、減薬を希望する方はまず医師に相談する必要があります。医師の判断に従わず、勝手に増薬をしたり減薬・弾薬をしたりすることはかえって体に負担をかけ、うつ病の症状を重くするほか、治療が長引く原因にもなります。また処方とは異なる種類の薬、たとえば市販の風邪薬などを服用することも控えましょう。

安全性の高い医薬品

聴診器

うつ病は単純うつ病、新型うつ病、産後うつなどの種類があり、人によって症状にも違いがあります。信頼できる医師が在籍をしている精神神経科のクリニックや病院では、副作用の少ない安全性の高い医薬品を処方してくれます。