男性

うつの種類を参考にしちゃおう【た体への負担が少ない薬】

  1. ホーム
  2. 安全性の高い医薬品

安全性の高い医薬品

聴診器

病気の症状に応じた治療

うつ病は気分が落ち込んだ状態が2週間以上続いたり、意欲や集中力が低下したり、過眠や不眠などの睡眠障害などの症状が見られます。身体的や環境的な要因、強いストレスなどが原因で発症する病気ですが、人によって多少の違いがあります。一般的な単極性うつ病や、気分が高揚して活動量が増える躁状態と気分が沈んで落ち込んだ状態を繰り返す、双極性うつ病などの種類があります。気になる症状が見られる場合は、精神神経科の病院やクリニックを受診して、問診やカウンセリングを受けて下さい。病気の種類に応じて抗うつ剤や抗不安薬などが処方されます。初回の通院の場合は比較的軽い薬を処方されるので、2、3週間は続けてみると良いでしょう。現代は比較的副作用の少ない医薬品も開発されているので、薬に弱い体質の人は医師や薬剤師に相談して下さい。家族と同居している場合は、身近な家族が変化に気付くことが多いです。本人が受診をするのを嫌がる場合もありますが、精神神経科の病院やクリニックは、以前に比べると通いやすい雰囲気なので、家族が同伴してあげて下さい。早い段階から薬の服用を始めることで、不安感や抑うつ状態などの精神症状が改善することが多いです。薬を続けていると少しずつ回復してきますが、良くなったり、悪くなったりを繰り返す傾向があるので、医師の許可なく中断をしたり、減薬をするのは避けましょう。薬剤師は薬の服用の方法や、効果、副作用などをきちんと説明してくれるので、安心して下さい。医師のカウンセリングを受けることで、気持ちが楽になります。うつ病は通勤や通学の前は、気分が優れないことが多いですが、午後になると憂鬱な気分が改善する人が多いです。新型うつ病はストレスを感じやすい状況では、意欲の低下や抑うつ状態、イライラや緊張などの症状が見られることが多いですが、休日や趣味、レジャーを楽しむ時は、一時的に症状が改善することが多いです。周囲の人には怠けていると誤解されますが、本人は辛く感じていることが多いです。うつ病の種類によっても、最適な薬の種類が違ってきますし、薬の効果が出にくい場合もあります。精神神経科では安全性の高い医薬品を処方してくれるので、正しく服用をすると問題ないことが多いです。頭痛や吐き気、胃のもたれなどが見られる場合は、医師に相談すると薬を変えてくれたり、量を調節してくれたりします。信頼できる医師が在籍をしているクリニックや病院は、問診やカウンセリングに時間を掛けてくれるので、安心して通院ができます。女性の場合は出産後に気分が落ち込んだり、イライラなどの産後うつの症状が見られたりすることがあります。出産後半年ぐらいを経過すると、自然に改善することが多いですが、症状が悪化すると長引くケースもあります。姉妹や両親などの育児を手伝ってくれる人に、子育てを一時的に依頼したり、抗うつ剤や抗不安薬を服用したりすることで、心身の状態が良くなってきます。薬を服用する時は決められた分量をきちんと守り、たっぷりの水で服用して下さい。根気よく続けていると、気分の落ち込みやイライラ、意欲の低下などが改善されて、家事や仕事も少しずつ出来るようになります。