男性

うつの種類を参考にしちゃおう【た体への負担が少ない薬】

  1. ホーム
  2. 病院に行く前に知りたい事

病院に行く前に知りたい事

女の人

鬱苦しくなったら薬を飲む

現代は変化の流れが激しいと言えます。食文化や流行、政治・経済など様々なジャンルの世界が頻繁に変わって行く様子が特徴的です。人は適度な変化なら楽しめて適応も難しくはありません。しかし大きく変わる様子が連続で来ると心身にダメージを与えてしまいます。人は心という機能を持ちますが場合によってはバランスを崩してしまい、病を招くのが問題点です。うつ病とは心の病であり、脳の機能も著しく低下させる症状もあります。精神の働きが極端になりがちな様子が目立ち、自力で対処するのが難しいです。うつ病には種類がありますが、大きく分けて二つに分類できます。一つは『大うつ性』になりますが、症状は極端で消極的な感情を誘発させてしまうのが特徴的です。特に悲しい、不安といった負の因子を促してしまいますから、注意したいところになります。人には自律神経というものがあり、脳から足の爪先など全身に繋がっている神経です。大きく分けて交感神経と副交感神経の二種類あります。『大うつ性』はアドレナリンとセロトニンの分泌バランスを崩してしまい、神経系に大きな問題を招くのが辛いところです。病院に行く前にうつ病の代表例である『大うつ性』を知りましょう。あらかじめ病の特徴を知っておくと精神的な負担も減るはずです。人は知らない事に対して不安や恐れを抱きます。認識して対処方法まで分かれば大きな不安も軽減させられるのがポイントです。事前に症状を理解しておけば苦しい心境を先生に話やすいでしょう。精神科のドクターも人ですから、患者の心理を理解するまで少し時間はかかります。患者側が必要なポイントをきちんと話してくれたら、治療もスムーズに行くはずです。抗うつ剤とは人の心を安定させる医薬品です。種類は豊富であり、患者の症状によって処方される薬は違います。先に挙げた大うつ性なら自律神経の働きを調節させる為に意欲を上げる抗うつ剤が処方されるはずです。交感神経の働きを活性化させながらバランスを取るお薬は生きる意欲を促していきます。うつ病にも度合いがあり、軽いなら気力の低下や不眠気味といった症状が出てくるのが特徴的です。しかし、動けたりある程度の食欲があったりするなら回復は早い可能性があります。重いうつ病だと眠れなくなったり全く食べられなくなったりする恐れがでてくるでしょう。その場合だと精神科の先生は比較的に重めな抗うつ剤を処方するはずです。重いうつ病と診断された場合は無理をせずに休みましょう。また、一人で解決させるのは至難の業ですから誰かに協力を求めるべきです。抗うつ剤は副作用があります。多くの物だと眠気を誘って集中力を低下させてしまうのが決定的です。集中力の低下やふらつきも招きますから、注意しなければなりません。抗うつ剤にも種類があり効果の表れた方も実感の仕方も個人差があります。一概には全ての人に同じ効果が生じるとは限りません。最後にもう一種類のうつ病である『そう極性』ですが、これは感情の働きが極端になってしまいます。時には怒りやすくなり、場合によっては悲しくなって泣くこともあるでしょう。『そう極性』を対処する場合はやはり抗うつ剤を服用して、精神の均衡を保つべきです。大うつ性は意欲向上と消極的な感情の妖精が狙いになります。しかし『そう極性』は心の安定が必要です。