男性

うつの種類を参考にしちゃおう【た体への負担が少ない薬】

  1. ホーム
  2. 様々な症状があります

様々な症状があります

カウンセリング

副作用の少ない薬です

うつ病患者は過去10年間で1.4倍になる程の勢いで増加し続けているといわれています。そのままにしておくと他の病気と同様に病状が悪化していきます。仕事等に支障をきたす様になってから治療をはじめても治療効果がなかなか得られず、長期間苦しむ事になります。うつ病にかかりやすい人の多くは仕事熱心で真面目なタイプが多く周囲の人に迷惑がかからない様に考えます。この様な性格や気質等が理由となり、発見が遅れがちです。うつ病といってもいくつかの種類があり、原因も治療方法も違います。症状から種類を見極める事が短期間での回復に繋がります。抑うつ状態のみが出現する大うつ病性障害が一般的ですが、中には双極性障害である場合もあります。合間に明るく振る舞う躁状態が入るので、同じ病気でも判別が難しい所です。抑うつ状態の時に目立つのが激しい気分の落ち込みです。何をするにも積極的になれず、悲観的な考えになります。この病気は早い段階で適切な治療をする事で治す事ができる病気です。中には治療を開始してから数週間で回復できる人もいます。短期間で完治させる為には、家族や身近な人が日常生活において些細な変化を見逃さない事が肝心です。そしてうつ病をはじめとする心の病の多くは過度なストレスが原因の1つになっています。携帯電話やインターネットが普及した高度情報化社会は大変便利な社会です。しかし人間関係や社会構造が複雑化したストレスの生じやすい環境でもあります。職場や家庭に限らず至る所にストレスは存在しているので、気が付かない内にストレスを溜め続けている人も大勢います。心の病を患うリスクを減らす為には、ストレスとの上手な付き合い方について学んでおく事も必要です。うつ病は症状からいくつかの種類に分けられますが、どれもセロトニンやノルアドレナリン、ドーパミン等の脳内神経伝達物質の減少が影響していると言われています。抗うつ剤を使用すれば、これ等の減少を抑えて症状を改善させる事が期待できます。中でも気分の落ち込みに関係しているセロトニンに作用するSSRIや意欲を向上させるドーパミンに作用するSNRIは広く利用されています。かつて主流だった3環系や4環系の抗うつ剤の殆どは副作用が強く、のどの渇きや吐き気等に苦しまされた人が大勢います。しかしこれ等の抗うつ剤は比較的副作用が少なく、日常生活に影響を及ぼす事なく治療を続けられるのが大きなメリットです。そして新しいタイプの抗うつ剤として注目されているのがNASSAです。SSRIやSNRIとは違う作用機序を持ち短時間で効果が発現する上に持続的な効果が期待できるのが特徴です。SSRIやSNRIよりも眠気や食欲増進等の副作用がありますが、逆に不眠症や食欲不振の症状がある人にとってはメリットとなります。うつ病の治療に使用される抗うつ剤にはいくつかの種類があり、症状によって組み合わせて使用する事で高い効果を発揮する事ができます。うつ病の治療は精神科を利用する事になりますが、適切な薬物療法を受ける為には信頼のおける医師による診察を受ける事が必要です。抗うつ剤は個人差がありますが、遅くとも約2週間で効果が出はじめます。治療期間は早い人で3週間から1ヶ月で完治しますが、中には数年かかるケースも少なくないです。長期間治療を受けても回復の見込みがない場合には、別の医療機関を利用してみるのも良い選択です。